トゥルースリーパー 腰や肩の悩み評価

トゥルースリーパー 腰や肩の悩み評価



高反発マットレス第1位 34582個突破
朝起きても腰の痛みが気にならない
寝ている間に解消した高反発マットレスの秘密

【モットン】公式サイトはコチラ

トゥルースリーパー 腰や肩の悩み評価

1.トゥルースリーパー 腰や肩の悩み評価

トゥルースリーパーの低反発マットレスなら、寝ている間にかかる体の負担が少ないので寝起きがとてもスッキリです。
そして、朝起きた時のすっきり感は1日中幸せをもたらし、やがてそれは一生ずーと続くことになるのです。

 

 

腰や肩の痛み、悩みを引きずることはありません!!

 

 

例えば旅行に出かけた時はどうですか?
旅先の解放感、見る物や食べ物が異なって全て綺麗で爽やかで美味しく感じられます。
そうなると解放感も手伝って、お酒のピッチも進み楽しい気分をたっぷり味わえます。
旅はいいものですね・・。

 

 

しかし、翌朝の寝ざめはどうでしょうか?
殆どの人が肩や腰が痛いと訴えます。
布団が柔らかすぎるからです。

 

 

とりわけ旅館やホテルの布団やマットは、ふんわりと柔らかです。
旅の解放感も手伝って、ぐっすりとゆったりと眠れる、と思いきや・・・?
朝起きた時は、誰しも感じることですが何とも言えぬ足腰の痛みです。

 

 

旅館やホテルの布団が柔らかすぎたから。
これが結論です。
ただ、旅先なので何とか我慢し、歩き続けるのです。

 

 

しかし、いったん家路についたら、疲れが満載で足腰にズズーとした負担が残ってしまうのです。
旅行から帰ると、疲れで寝込むことさえあります。
夜ユックり眠れなかったり旅先での疲れのせいなのです。

 

 

それもこれも、結局は寝ている間の足腰の負担、体の負担が重なったことに他なりません。

 

 

 

2.トゥルースリーパーでゆっくりスムースに眠ることの大切さ

私たちは、年齢を重ねるごとに寝ている間の腰の重さを感じます。
また、長時間のデスクワークを重ねていると、寝ている間に腰が辛くなります。

 

 

本来、足腰は睡眠でゆっくりと休養させ回復させなければなりません。

 

 

ところがどうでしょう?
日本人の多くは抱えているのは寝ている間の腰の不調なのです。

 

 

 

それは、体に合わない寝具を使っているから、本来疲れや不調を回復させるはずの睡眠時に腰や肩に
負担が集中して、凝りや痛みを引き起こしているのです。
寝ている間の腰の悩みも寝具次第なのです。

 

 

だから、低反発マットレスのトゥルースリーパー プレミアムが魅力的なのです。
これによって、寝ている間の肩や腰にかかる負担を分散し、朝起きた時の足腰の痛い様なつらさを和らげてくれるのです。

 

「体にフィットして、仰向けにも寝られるようになった。」
「眠るのが楽しみになった。」という愛用者の声が良く納得していただけるものです。



 

 

3.トゥルースリーパーの秘密

トゥルースリーパーは、凹凸に沿って沈みこみ、ぐっすりとしたお休み感を味わっていただけます。
その眠るのが楽しくなるようなフィット感を実現してくれるのが、トゥルースリーパーの低反発素材、「ウルトラ ヴィスコエラスチック」なのです。

 

 

これは、NASAが開発したという素材をヒントに開発した弾力性や復元性に優れた低反発素材です。
体温や体圧によっても自在に変化する素材を100%使用しているので心地よいフィット感が味わえるのです。

 

 

そして、寝ている間中、ずっと理想的な睡眠姿勢を保ってくれるので腰や肩への体圧が大幅に軽くなります。
また、横向きになって寝ていても沈み過ぎて床につく様な感じが無い様に十分な厚みも確保されています。

 

 

勿論、1年を通じて蒸れないようにメッシュフェイスや滑らかな肌触りのジャージフェイスの内カバーを工夫してあり快適性は格段にアップです。

 

 

お手持ちの寝具をそのまま使える便利さが何よりなのです。
今お使いのベッドや布団にそのまま重ねるだけなので買い換えの必要はありません。

 

 

つまり、敷くだけで睡眠の悩みが解消できるのです。
普通には元気な若者でも、ちょっとした体調の不調やけがなどで2,3日寝ていると足も腰もとても痛くなります。

 

 

それは、床ずれを十分に感じてしまうことなのです。
それだけ、横になっていても足腰に負担がかかっているという証拠なのです。

 

 

だから、寝ている間に足腰や肩にも負担をかけないトゥルースリーパーによる睡眠。
あなた様も是非とも体験してみてください。

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ